HOMEケース別のご案内相続に伴う名義変更 > 遺留分

遺留分とは何か

遺留分とは、一定の範囲の相続人に保障された相続財産の一定の割合をいいます。
遺留分は、被相続人の意思(被相続人の贈与や遺贈)によっても奪うことができない相続人の固有の権利であるといえます。遺留分の制度は、被相続人の財産に依存して生活してきた相続人に、最低限度取得させるべきであると解される相続財産の取得を認めることによって、その者の生活や共同相続人間の公平を図ろうとする制度です。
民法上、遺留分が認められている者(遺留分権利者)は、兄弟姉妹以外の相続人に限られます。また、遺留分権利者は、相続権を有する者でなければなりませんから、相続の欠格事由に該当する者や相続の廃除を受けた者、相続の放棄をした者にはこの権利は認められません。

なお、包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有するものとされていますが、この遺留分に関しては、相続人とは区別され、認められていません。 

遺留分の割合については、次のとおり規定されています。

遺留分権利者 遺留分の割合
配偶者のみ 1/2
配偶者と子 1/2
配偶者と直系尊属 1/2
子のみ 1/2
直系尊属のみ 1/3

なお、遺留分権利者が複数いるときは、法定相続分の割合によって各遺留分権利者の遺留分が定められることになります。

具体的な遺留分算定にあたっては、被相続人が相続の開始のときに有していた財産の価額に、相続開始の前1年間になされた贈与(一年以上前であっても当事者双方が遺留分権利者の権利を侵すことを知りながらした贈与の額は含まれる)を加え、これから債務の全額を控除した額を基準とすることになります。
なお、遺贈の目的である財産は、相続開始時の財産に含まれていますから、改めてこれを加える必要はありません。


(相続分・遺留分 早見表)

相続人 配偶者
のみ
配偶者と子 配偶者と尊属 配偶者と兄弟姉妹 尊属
のみ
配偶者 配偶者 尊属 配偶者 兄弟姉妹
相続分 1 1/2 1/2 2/3 1/3 3/4 1/4 1
遺留分 1/2 1/4 1/4 1/3 1/6 1/2 なし 1/3

遺留分減殺請求権

遺留分権利者が、自己の遺留分に基づいて取得することができる財産の額(遺留分額)に満たない財産しか取得することができなかった場合、言い換えれば、被相続人があまりにも沢山の贈与等をしてしまったときは、遺留分権利者(またはその承継人)は、自分の遺留分を保全するために必要な限度において、この贈与等を取り消して財産を取り返すことができます。これを遺留分減殺請求権といいます。


遺留分減殺の方法

遺留分減殺の方法は、法律で規定がある訳ではないので、基本的には遺留分を侵害された者が減殺請求をする旨の意思表示をすれば足りることになります。
もっとも、その意思表示自体が相手方に届いたかどうかが明らかでなくなっては元も子もないですから、通常は、内容証明郵便等によって行うべきでしょう。また、家庭裁判所に対する調停、調停が不成立の場合には訴訟により解決を図ることになります。

なお、遺留分減殺の意思表示は相続開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年以内で、かつ、相続開始から10年以内に行使しなければなりません。

■対応可能地域■
東京都全域
足立区 荒川区 板橋区 大田区 江戸川区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿 杉並 墨田区 世田谷 台東区 港区 中央区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 目黒区 千代田区 
昭島市 あきる野 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 狛江市 小金井市 国分寺市 小平市 立川市 多摩市 調布市 羽村市 西東京市 八王子市 東久留米市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 日野市 大島町 西多摩郡奥多摩町 日の出町 檜原村 瑞穂町 八丈島八丈町 青ヶ島村 小笠原村 神津島村 利島村 新島村 御蔵島村 三宅島三宅村